リチャードジュエル

 

リチャード・ジュエルを映画感で見てきました。

一言で言うならば、最高!
やはりクリントイーストウッドの映画ははずれなしです。

リチャード・ジュエルあらすじ感想

リチャード・ジュエルのあらすじを簡単にまとめると、アトランタオリンピックが開催する年、爆弾テロが発生!!

その容疑者にリチャード・ジュエルがなってしまうというものです。

冤罪の恐怖、マスコミの扇動、国家権力の横暴、もし自分が当事者になってしまったとしたらと・・・本当に怖いノンフィクション映画です。

ネタバレになってしまいますが、胸をスッキリさせる展開で映画は終わります。
特に、リチャード・ジュエルのセリフは、まさに正義!
そうだよねって納得します。

ただ、アメリカでは有名な事件なのかも知れませんが、日本ではあまり知られてないです。
少なくても私は全く知らない事件でした。

それがもったいないなあと思いました。
それだけ素晴らしい良作映画だからです。

もしかして、マスコミを悪く描いているからなのかなあ、あまり映画の宣伝も目にしませんでした。

リチャード・ジュエルの宣伝がまずい

すっごく良い映画なのに、まずタイトルが駄目でしょう。

リチャード・ジュエルって誰よ!!って思いますよね。

日本で言う、徳川家康とか織田信長だったら、興味引くかもしれませんが、リチャード・ジュエルって・・・・

ありきたりかもしれませんが、『冤罪を無罪にする実和』、『衝撃!アトランタ爆弾犯容疑者』など、B級映画タイトルの方が、まだましだった気がします。

私も、たまたま外出時に時間が余ったから、映画館によっただけです。
あまり期待していなかっただけに、すごく良い時間を過ごせて大満足ですが、それだけにきちんと映画の宣伝をしない(少なくても私にはそう感じる)配給会社にがっかりです。

だって、映画館ガラガラ・・・・

 

リチャード・ジュエルは面白い!クリントイーストウッド最高

そういえば、クリントイーストウッド監督の映画って、本人も少しだけ登場したりすると思いますが、今回登場シーンはなかった気がします。

また、海外ドラマ「マッドメン」が好きな方は、FBI捜査官の1人があのマッドメンの主役です。

ここでもニヒルな役をうまくこなしています。

キャリーのキャシー・ベイツも味のある、容疑者の母親として登場!

容疑者にされた家族の怖さを上手に演じてくれます。

 

こういう映画こそ、警察官、マスコミ関係者には見てもらいたいですね。

また、学校の校長(理事長)にも・・・

理由は映画をみたらわかると思いますよ。