[映画パンフレット]ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年/アメリカ)/ブラッドリー・クーパー エド・ヘルムズ ザック・ガリフィアナキス ヘザー・グラハム

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(原題: The Hangover)は、2009年にアメリカで上映されたお馬鹿映画です。あまりにもお下劣な映画なので、民放では間違いなく放送する事がないけれど、地上最高に面白い映画です。

日本では、キュートな外見と中味のギャップで大人気になった『TED』が有名になりましたが、映画の作風はまさに同じ、ぬいぐるみが登場しないだけ、より派手に滅茶苦茶かもしれません。

 

ハングオーバー! 史上最悪 あらすじ

結婚を2日後に控えたダグは、親友の教師フィルと歯科医スチュ、また婚約者の弟アランの4人を加えて、男だけの馬鹿騒ぎをしようとラスベガスに繰り出すのです。

ラスベガスでは男4人でありながらも最上階のスイートルームを借り、テンションマックスで、夜の街に繰り出すのですが、酒で祝杯をあげた後、気がついたら、ホテルのスイートで朝を迎えていたのです。

しかも、ホテルのスイートルームには、本物のトラがいるし、歯科医スチュは、ストリッパーと結婚しているし、結婚を控えたダグは行方不明になっているのでした。

なぜか、当日の記憶が完全に抜けている教師フィルと歯科医スチュ、そして大変態のアラン、残された手掛かりを元にダグを探しに行くのですが、そこで次々に明らかにされる一夜の出来毎に驚愕していくお話です。

ハングオーバー! 史上最悪 感想

日本の映画には、なかなかないジャンルの映画です。『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』この作品が世界的に大うけで、シリーズ3部作にもなっています。

コメディでもないし、アクションでもない、エロ映画でもないし、ジャンルの選定が難しい映画です。お笑いあり、感動ありの何でもありの映画というのには短絡すぎるかも知れませんが、本当に何でもありで、最後にはきちんとしたオチで終わっているので、気持ちの良い映画です。

アランの変態ぶりは、過激になった『TED』のイメージに重なります。小太りなところもそっくりといったら、世の女性に怒られてしまうかも知れません。

 

キャスト

フィル・ウィネック:ブラッドレイ・クーパー
桐本琢也

スチュアート・プライス(スチュ):エド・ヘルムズ
永井誠

アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
奈良徹

ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
川中子雅人

ジェイド:ヘザー・グラハム
小林さやか

その他のキャストとして、元プロボクサーのマイクタイソンが出演しています。通行人Aとかではなく、きちんと物語に絡む重要な役どころなので、注目です。

ハングオーバー! 史上最悪 評価

くだらないけれど、誰かに薦めたくなる映画です。インパクトはあります。眠い目が覚醒します。そして、エンディング前に明らかにされる真実の写真、何もかも放送禁止ぎりぎりです。

よく日本でも映画公開出来たものだという意欲作?よって、☆☆☆☆です。

ディズニー作品などの正統派感動映画に飽きてしまった時、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』、刺激的で新鮮です。