シュレック [DVD]

2001年にアメリカで上映されたCG映画です。この年PIXARからは、モンスターズ・インクも劇場公開されています。

 

モンスターズ・インクでフワフワの毛皮の表現という今まで出来なかったCG技術に挑戦したかと思うと、シュレックでは、伸び縮みするキャラクターの筋肉、豊かな顔の表情が注目され、CGアニメーションが大きな進歩を遂げた年でもあります。

 

 

シュレック あらすじ

シュレックは、世界有数のおとぎばなしが舞台のCG映画です。海外ドラマ、ワンス・アポンア・タイムに設定が近いかもしれません。勿論シュレックの方が、ネタ的には最初ですが、反おとぎばなしでもあり、今までのおとぎばなしを否定するストーリー展開です。何よりシュレックの魅力は、スラングを発する汚いモンスターが主人公であるところです。

 

タイトル名のキャラクターシュレックは、平和を愛するモンスターで、人里離れた山奥に1人で生活していました。しかし、その醜い容貌から人間からは恐れられているのでした。

 

そんなある時、人間のファークアード卿に追放された、(聞いた事のあるおとぎの世界の)キャラクター達が、シュレックの土地(沼地)にやって来るのです。シュレックは1人になりたかったので、ファークアード卿に自分の土地を戻すよう説得しに行ったところ、ドラゴンのいる城に幽閉されているフィオナ姫を助け出せば、土地を返すと条件を出して来たのです。

 

こうして、モンスターシュレックが王女をドラゴンから助け出すというスペクタルな大冒険が始まるのでした。

シュレック 感想

くだらないけれど、面白いCG映画です。ギャク満載ですが、CG映像も素晴らしいです。きちんとシュレックの顔の筋肉が動いています。今までのCG作品ではみられなかった、キャラクターの柔らかい動きが、シュレックの世界観をまた一つ上のフィールドに押し上げています。

 

お決まりのセリフにお決まりの展開、お決まりのエンディングになるのかとおもいきや、見事に期待を裏切ってくれます。

 

ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、現代版おとぎ話の映画の先駆者的映画です。この後の作品、”魔法にかけられて”や、”アナと雪の女王”などでも、従来のセオリーから脱した演出になっていますが、シュレックがはたした役割は大きかったと思います。

キャスト

シュレック (Shrek):マイク・マイヤーズ
浜田雅功

フィオナ姫 (Princess Fiona):キャメロン・ディアス
藤原紀香

ドンキー (Donkey):エディ・マーフィー
山寺宏一

ファークアード卿 (Lord Farquaad):ジョン・リスゴー
伊武雅刀

 

ドリーム・ワークス・アニメーションなので、勿論声優は豪華です。マイク・マイヤーズに、エディ・マーフィーと来ました。

個性あふれる、シュレックとドンキーには、ピッタリの配役ですね。因みにフィオナ姫はキャメロン・ディアスです。CGキャラクターも彼女にそっくりですね。

CG技術

2001年のアカデミー長編アニメ賞を受賞しています。シュレックは、2001年No1のCG映画です。

CGコメディ映画というジャンルを遂にねずかせた作品であるかもしれません。ただのパロディではなく、やんわりとしたブラックジョークを織り交ぜた演出にCGキャラクターの動きが見事にマッチした素晴らしい作品です。

 

日本を含め、世界中でヒットしていますので、万国共通に受けるネタなんですね。

シュレック その他情報

シュレックシリーズ、人気に火が付き、その後シュレック4迄作られています。またスピンオフ作品で、長ぐつをはいたネコも映画上映されてます。