塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
塔の上のラプンツェル(原題: Tangled )は、2010年にアメリカで上映されたグリム童話『髪長姫』が原作のフル3DCGアニメーション作品です。

アナと雪の女王が世界中でヒットしていますが、ディズにー初の3DCGによるプリンセス作品は、塔の上のラプンツェルです。また、夢を待ちわびているだけの可憐なお姫様から、冒険大好き好奇心旺盛のお姫様のイメージへと、変換をうまくはかった最初の作品かもしれませんね。


<公式:塔の上のラプンチェル 予告動画>

 

塔の上のラプンツェル あらすじ

とある緑が豊かな素敵な王国でのお話です。子供を妊娠中の王女様が淵の病にかかってしまい、病気を治すためには、森に生えている世界に1つしかない薬草を飲まなければなかったのです。しかし、その薬草は、己の若さを維持したい魔女によって隠されていたのです。

それでも、城中の兵士が探索し、遂に薬草を見つけます。おかげで王女の病気が治り、無事お腹の中にいた子供、ラプンチェルも誕生するのです。全てが順調に思われた矢先、薬草を盗まれたと思った魔女は何と、子供のラプンチェルを誘拐し、森の奥の塔の中に閉じ込めて自分の子供として育ててしまうのです。

それから時が経ち、もうすぐ18歳、思春期のラプンチェル、そんな時に、盗賊のフリンが塔の中にあらわれてから、ラプンチェルの大冒険が始まるのです。

 

塔の上のラプンツェル 感想

親代わりの魔女マザー・ゴーテルがなんと、ラプンチェルを育てるのです。自分の為とはいえ、子供を大きくなるまで育てるのです。この展開、何かに似ていませんか?そうです。ネタバレになるかもしれませんが、映画マレフィセントの設定に近いではないでしょうか。

マレフィセントでは、育てる(見守る)うちに、愛情が芽生えてきて、オーロラ姫を愛おしく思うようになる素敵なお話ですが、ラプンチェルに登場する魔女、マザー・ゴーテルは心変りはなかったようですね。

いい意味で、純粋なシンデレラストーリーの原点を貫いた作品がラプンチェルです。それでも古臭く感じないのでは、ラプンチェル本人の人間らしさではないでしょうか。チョットした抵抗とチョットした冒険をするようになるあたりが、お年頃の女性の心境をうまく表現しているようです。

ラプンチェルを見守る、カメレオンのパスカル、馬のマキシマスも、言葉は話せないけれど、もう表情が豊かすぎて、見事な脇役キャラとして登場し楽しませてくれます。3DCGになってもセルアニメーション時代の素晴らしい演出技法は受け継いでいるようですね。

魔女以外、全てがいい人という、ディズニーお決まりの法則にはちょっと無理があるのはわかっていても、光の色彩がきれいな映像と楽しいアニメーションの数々に、大人も子供も魅了される事は間違いないでしょう。

唯一残念だったのは、日本語吹き替え版、ラプンチェルの声優を中川翔子さんが演じているのですが、肝心の歌は別の方なんですよね。アナと雪の女王のように本人が歌っていれば、もしかしたらもっと人気が出たかもしれないのに、惜しかったです。

キャスト

ラプンツェル:マンディ・ムーア
中川翔子

フリン・ライダー:ザッカリー・リーヴァイ
畠中洋

マザー・ゴーテル:ドナ・マーフィ
剣幸

 

CG技術

ラプンチェルの髪がキラキラして美しいのと、服がひらひらしている様が、その当時のCG技術としては、世界最高峰だったでしょうね。

3DCGでも、ディズニーが作るとやはりこんなにも柔らかい映像に仕上がるんだと驚愕した記憶が残っています。

さすがアニメーションのディズニーですが、それ以上でした。森の中での木漏れ日や水の表現、キラキラ美しく、滑らかに画面を覆い尽くすその動きは、まるで生命が宿っているかのようです。

塔の上のラプンツェル トリビア

塔の上のラプンチェルとアナと雪の女王の世界は繋がっているのをご存知でしたか、しかも同じ時間軸でのお話です。

その証拠に、アナと雪の女王にラプンチェルとフリンが登場しているのです。映画館では気が付かなかったあなた、もうすぐセル販売ですので、なんども観れば気が付きますよ、きっと!!

ヒントは、アナと雪の女王では世界中から、要人達を招いていたシーンです。髪が○○になった塔の上のラプンチェルのその後の2人が、ほんの一瞬ですが、登場します。

やっぱり、ディズニー作品って、遊び心があって素敵ですね。