プレーンズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
映画プレーンズのあらすじ、感想をお届けしますが、その前に、プレーンズ2映画公開しているこの現在、なぜプレーンズ地上波で放送しないのでしょうか?続編の映画公開前には必ず前作を放送するという、お決まりのよい法則は何処へいってしまったのでしょうか。

プレーンズを観て、プレーンズ2観るのをやめるという可能性も考えたのでしょうか?確かにカーズの世界観をそのままに車から飛行機に主役が移っただけの映画です。PIXAR作品でもないです。ありきたりの話でもあります。でも、折角プレーンズ2映画公開しているんですから、地上波放送しても良かったと思うのは、私だけでしょうか?

プレーンズ』(Planes)は2013年にアメリカで上映されたフル3DCGアニメーション作品です。当初セルリリース(DVD販売の事)だけの予定でしたが、あまりの出来の良さに映画化が決定したと言われています。確かに製作しているのは、お馴染みのPIXARではなく、ディズニートゥーン・スタジオズというDVD用作品を多く手掛ける製作会社です。

例えが悪いかもしれませんが、野球チームの2軍の成績があまりにもよかったから、1軍の舞台にも登場したという事ですね。


<公式:プレーンズ予告>

 

プレーンズ あらすじ

田舎で生活するダスティは、農薬散布の為にうまれた飛行機です。そんな彼が夢見るのは、飛行機レーサーになる事、誰にでも夢がある、そんなセリフが出てきそうですね。因みに、その言葉が有名な作品は、『シュガー・ラッシュ』です。

飛行機レーサーにはなりたいが、高所恐怖症という矛盾点を抱えるダスティ、仲間の協力もあり、世界一周レースに参加する事が決まったのですが、とあるレースで大きな事故に巻き込まれてしまうのです。

いまだに高所恐怖症を克服出来ていないダスティの精神的な弱さに加えて、今度はボロボロの体、そんな状態で最終レースに挑む事になるのですが、果たして勝利の女神はダスティに微笑むのでしょうか。

プレーンズ 感想

ビックリするほど、カーズに似ている作品です。エリートの主人公が挫折を味わい、心の静養を行いながら仲間の協力を得てレースに挑むのがカーズです。どっちかというと落ちこぼれの主人公が仲間の協力を得て成長していくのがプレーンズですが、ストーリーまで驚くほど似ている映画なのです。

心と技術のケアをする、生き字引の老人という設定まで一緒です。仲間の協力を得ていくという展開もおなじで、似ているのはカーズの世界感だけではありませんでした。しかもカーズより、中味が薄いシナリオです。

少しだけ、ネタバレになりますが、あっさりとレース代表者に決まる展開もお決まりのパターンですし、今まで何年も空を飛べなかった老人がダスティを助ける為に登場しても、あっそう! みたいな感じです。

本来なら、何年も苦しみ抜いて、ようやく飛べた!!というシーンが必要でしょう。映画『ダイ・ハード』のラスト覚えていますか?何年も銃を撃つ事が出来なかった警官が、悪人に向かって銃を撃つ、非常に感動的なシーンです。そういうここぞというシーンに時間を割いていないのです。

ただ、シナリオどうりに物語が進んでいく感じです。ただ淡々と・・・もっと緩急つけてもらえれば、もっともっといい作品になれただろうに残念です。

まあ飛行機という設定は上手いです。それだけでも男の子は夢中になりますからね。

 

キャスト

ダスティー・クロップホッパー:デイン・クック
瑛太

スキッパー・レイリー:ステイシー・キーチ
石田太郎

ロシェル/サクラ(日本版):ジュリア・ルイス=ドレイファス
仲里依紗

チャグ:ブラッド・ギャレット
天田益男

ドッティ:テリー・ハッチャー
甲斐田裕子

スパーキー:ダニー・マン
河本邦弘

エル・チュパカブラ:カルロス・アラズラキ
井上芳雄

リップスリンガー:ロジャー・クレイグ・スミス
森田順平

因みに、ロシェルというキャラクターは、上映する国ごとにその国にあったイメージのキャラに変更しています。日本の場合はサクラなんです。そんな事して、何の意味があるのでしょうか?なんか、観客に媚を売っている感じが嫌だと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

CG技術

プレーンズは、カーズの世界感であるはずなのに、全然映像に感動しない、綺麗な風景であるはずなのに、何かが物足りないとずーとモヤモヤしていたら、ある事に気が付きました。

それは・・・・飛行機の写り込みがないのです。映画『カーズ』を思い出して下さい。夜のネオン街のシーン、登場する車達のボディに光のイルミネーションが写り込むのがもう、きれいできれいで、素晴らしかったです。

そういった、反射が表現されていないのです。単純な光沢のような質感はときどきありましたが、飛行機同士が近くに寄った時など、カーズにはあったきれいな反射の写り込みがないのです。

CGの専門技術でいうところのリフレクションマッピングですね。反射まで計算に入れないといけないので、映像を計算にするのに膨大な時間がかかるのはわかりますが、ここは、カーズの世界を引き継いでいるプレーンズです。別作品ではないのですから、クオリティはおとして欲しくなかったです。

プレーンズ その他情報

プレーンズ、とうとう地上波放送やらずにプレーンズ2迄、映画上映になりましたが、実は3部作の作品です。

まだまだ、プレーンズの世界は続きます。カーズは続編で評価が地に落ちましたが、プレーンズは頑張って欲しいものです。