モンスターズ・ユニバーシティ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

サリーとマイクが初登場した映画、モンスターズ・インク、完璧なる終焉を迎えて、誰でも納得するような終わり方をしたので、まさか、続編が製作されるとは、夢にも思わなかったです。

 

しかし、PIXAR、そのあたりは、見事です。続編と言っても、まだ語られていない、サリーとマイクの若かりし頃のお話、まるでスター・ウォーズのようです。伝説は、ここから始まったみたいな感じですね。

 

モンスターズ・ユニバーシティは、その名の通り、サリーとマイクの大学時代のお話です。そこでサリーとマイクが出会い、立派に卒業していくと思ったら・・・・、予想を見事に裏切ってくれるのです。

 

映画館はやはり3D上映

さて、モンスターズ・ユニバーシティは、TOHOシネマズ日劇で、3D上映で観ています。大きな劇場を彷彿させる映画館の大迫力サイズの映像は、見事!!の一言に尽きるのですが、少し傾斜の緩やかな映画館なので、座高の高い方が前に座っていると少々邪魔なんですよね。

 

それでも、映画がはじまると、多少の見にくさなどはすっかり忘れ、気分はもう、モンスターズ・ユニバーシティに入学する学生の気分です。3D映像がコンピュータだけで作られたとは思えない色彩豊かな風景に魅了されます。

 

努力しても、報われない事はある!!

軽快な音楽と楽しいキャラクターで、一時を忘れさせてくれる楽しいだけの映画だと思っていましたが、結構テーマは深いです。

 

また、主役のキャラクターは、非の打ちどころもない完璧という要素も取り除いてくれて、共感が持てる作品になっています。もっと言うと、サリーは少しやな奴ですね。

 

楽しめる視点は人それぞれ

映画仲間の感想を聞くと、ストーリーが良かった、マイクがかわいい、映像がきれいといった意見が出ましたが、私はアニメーションが素晴らしいと感じています。

 

躍動感ある動き、悲しみ、喜びの表情など、まるでディズニーの昔のアニメーション作品を観ているかのようです。CGだとキャラクターが堅い、動きがぎこちないと言われていたのは、もう遥か昔の事なんだと改めて実感する事になります。

 

子供向けの作品と思われがちなPIXAR作品ですが、大人も十分楽しめます。残念ながら、もう映画の上映が終了し、大迫力の映像をもう観る事は出来ないかも知れませんが、その分、家庭の明るいTVで、より鮮明になった美しい映像にほれぼれするのもいいかも知れません。