マスカレード・ホテル (集英社文庫)

『マスカレード・ホテル』は、人気ミステリ小説化の東野圭吾さんの作品であり、今最も映画化が期待されている小説でもあります。

なぜ『マスカレード・ホテル』というタイトルなのか?ホテルが舞台なので、ホテルが付く理由は簡単にわかりますが、マスカレード(masquerade)直訳で仮面舞踏会、見せかけ、虚構という言葉が何を意味しているのかがわかりませんでした。

なぜだろうと考えていましたが、『マスカレード・ホテル』全部読み終わると、なるほどと思ってしまうタイトルです。小説の面白さを損なうネタバレになりますので、ここではふせますが、タイトルも中味も秀逸な作品です。

マスカレード・ホテル あらすじ 概要

一流ホテルを舞台にしたサスペンス小説です。ホテル内で殺人事件が起きると予告があり、事件を未然に防ごうと、警察官がホテルスタッフに扮して、警備に当たるのですが、不慣れなホテル業務に悪戦苦闘しながら、連続殺人事件のトリックを見事に解明していくお話です。

捜査一課の刑事、新田浩介が英語ができる帰国子女という事と、容姿もホテルマン向きという事で、ホテルのフロントスタッフになるのですが、思考回路は警察官、人をみたら悪人だと思っているのです。

そんな彼をサポートするのが、教育係優秀なフロントクラークの山岸尚美、きめ細やかなサービスでお客様は神様だと思っている、根っからのホテルマン。

最初は水と油の二人ですが、ホテルの業務を通して、信頼関係が目覚めつつある時、事件が起きるのです。

マスカレード・ホテル 感想

『マスカレード・ホテル』最初は、メインとなる殺人事件を軸に、ちょっとしたホテル業務のエピソードが加えられて、長編小説になったと思っていましたが、無駄に長い小説ではありませんでした。

確かに物語の最初の方は、全く連続殺人事件とは関係ないエピソードが続きますが、ホテルで殺人が起きると予告されているので、誰でも怪しく思えてしまいます。

そんな数件の怪しいお客の対応を通して、新田浩介、山岸尚美の連携が深まっていくお話だと思っておりましたら、見事に裏切られたのです。

しかも、心地よい形で・・・、最後のオチには、やられました。見事すぎます。ネタバレが全ての作品ですので、ここでは詳細は語りませんが、あらゆるところに伏線を張りめぐらされているのが、『マスカレード・ホテル』です。

関係ないエピソードだと思っていたものが、後から最重要キーワードだったと気がつかされるのです。東野圭吾、やはり天才です。

 

マスカレード・ホテル キャストは誰が似合うのか?

『マスカレード・ホテル』が映像化された場合に似合うキャスト、ネットでも話題になっておりますが、読書中の私のイメージは、主人公の新田浩介は小太りになった織田裕二、ヒロインの山岸尚美は、綾瀬はるかのイメージでした。

さて、今最も映像化される可能性が高い『マスカレード・ホテル』キャストが楽しみです。

マスカレード・ホテル 続編登場

『マスカレード・ホテル』、1話読み切りのお話だと思っておりましたが、なんと前日譚となる『マスカレード・イブ』が発売されました。しかも小説だけの為に用意された完全新作、これは期待度大です。