映画 ゴジラ Godzilla 2014 ポスター 約90x60cm アーロン テイラー ジョンソン 渡辺謙  【並行輸入品】

『GODZILLA ゴジラ』(原題:Godzilla)は、2014年にアメリカで製作上映したSF映画大作です。日本の同名映画キャラクターが主役の元祖怪獣映画でもあります。

1998年に公開されたローランド・エメリッヒ監督のゴジラも世間の評価よりは好きですが、今回のゴジラは間違いなく、万人受け要素満載で、怪獣映画として最高の傑作に仕上がっています。


<公式:GODZILLA ゴジラ 予告 動画>

ゴジラ 2014 あらすじ

1999年の日本、富士山近くの雀路羅(じゃんじら)市原子力発電所において、激しい揺れと電磁波が発生し、謎のメルトダウン、ジャンジラ原発が倒壊します。

それから15年後、フォード・ブロディ大尉は、軍の任務を終えて、ロサンゼルスの妻の元に帰ってきた時、父親のジョー・ブロディが日本の警察に捕まったとの連絡を受けるのです。

ジョー・ブロディ、物理学者、雀路羅原子力発電所に勤務中15年前のメルトダウンで妻を失ったのだが、政府の情報隠ぺいを疑い、独自の調査をしていたのです。

フォードも日本に行き、父親と共に雀路羅原子力発電所の跡地に潜入します。そこで、彼らが目にしたものは、巨大な怪獣、ムートーの姿だったのです。

ムートーは、原子力エネルギーを餌に成長し、日本の街を壊滅させ、次に向かうはアメリカロサンゼルスという事が判明します。

フォード・ブロディ大尉は、家族を守る為、軍役につき、ムートー退治に向かうのですが、他にも怪獣が現れてしまうのです。一体は、ムートーのメス、もう一体はゴジラ、果てして彼らの目的は、世界は怪獣たちの行進を止める事が出来るのでしょうか。

ゴジラ 2014 感想

ハリウッド版、ゴジラという事で、ついついローランド・エメリッヒ監督の恐竜のようなゴジラと比べてしまうのですが、今回のゴジラは、日本人の魂、ゴジラに限りなく近い姿です。

のそのそと尻尾を引きずって、立つように歩く姿、まさに怪獣、最終決戦の時の必殺技(ネタバレなので、伏せます)シーンなど、感動しました。

そんなゴジラ、結果論ですが、今回は人間の味方です。正義のヒーローゴジラです。よって今回、ゴジラ誕生については謎のままです。次回作に持ちこしでしょう。

すっきりしない部分もありますが、パニック映画としては、まさにお手本のような映画です。ムートーが通り過ぎ壊滅した後の街の数々、廃墟感が半端ないです。

それにしてもムートー、昆虫のような形状で、ちょっと怪獣らしくない。ただ、なんか何処かで目にしたような気がすると、映画鑑賞中気になっていたのです。スティーヴン・キング原作の映画『ミスト』に登場する足の長いモンスターに似ていませんか?

壊される街におびえている人々を丁寧に描く事で、より臨場感がアップ、夢中になれる123分です。

ゴジラ 2014 キャスト

フォード・ブロディ大尉:アーロン・テイラー=ジョンソン

芹沢猪四郎博士:渡辺謙

ジョー・ブロディ:ブライアン・クランストン

エル・ブロディ:エリザベス・オルセン

ゴジラ:アンディ・サーキス

因みにムートーの名前の由来は、Massive Unidentified Terrestrial Organism(未確認巨大陸生生命体)だそうです。なんか変な名前と思っていたら、きちんと理由があるんですね。

ゴジラ 2014 ネタバレ

日本原作の映画という事で、日本も舞台にしている事はありがたいのですが、原子力発電所のメルトダウンといった、ちょっと今話題にすべきではないシーンが含まれている映画でもあります。

また、怪獣襲撃の際、ハワイで津波が発生するのですが、街を飲み込む巨大な波の映像(津波)、リアルすぎて、東日本大震災の傷が癒えていない方にとっては、衝撃的すぎる映像になる為お勧めできません。

ゴジラ 2014 続編情報

世界中で大ヒットしたゴジラ、続編の製作も決定しており、次の怪獣は、なんとファンが喜ぶキング・ギドラの噂が浮上しています。楽しみですね。

ゴジラ ポスターフレームセット Godzilla (Skydivers)