アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

ストーリーが見事である

アンデルセン童話の雪の女王がディズニー作品としてCGアニメーションとして甦る!! もう公開前からドキドキワクワクです。

そう、最近のディズニーの躍進は凄まじいのです。映画『ボルト』で、興奮し、『シュガー・ラッシュ』で感心し、『モンスターズ・ユニバーシティ』で感激しましたが、『アナと雪の女王』は、もう感涙です。

 

ストーリーが分かっていても、結末が分かっていても、安心して映画のプロセスを楽しめるのがディズニー作品ですが、『アナと雪の女王』、見事に良い意味で結末を裏切ってくれているのがこれまた斬新なのです。

 

古き良き時代のディズニー映画も進化していると感じた作品です。子供の頃のアナとエルサが、原作の怖さを取り除いて、子供も楽しめるようになったのかと思った以上の素晴らしい結末になっています。

 

何と表現すれば良いのでしょうk? 今までのディズニー作品にこんな結末、あったでしょうか。『魔法に魅せられて』以上の結末に大満足です。

ストーリの秀逸さが、単なる子供向けCGアニメ映画から、大人も堪能できる作品に仕上がっています。

CG映像が美しい

完成度の高いCGアニメーションが、アナと雪の女王の完成度を更に高めているに違いない!!です。

 

見どころは、人の動きと自然現象です。

 

まずは、人間の感情豊かなアニメーション、定番ディズニー作品ならではのためと伸びの動作表現に加えて、リアルなフェイスアニメーションは、見事に命が宿っています。

 

雪や氷のCGアニメーション、エフェクト効果というのですが、こちらも音楽に合わせて、飛沫が舞う表現など、非常に難しい技術をいたる所に魅せつけてくれています。映像を勉強している学生さんなどにもお手本となる映像となっています。

何よりも音楽が素晴らしい

『ムーラン・ルージュ』、『HAPPYFEET』、『コヨーテ・アグリー』など、ミュージカル映画にひけをとらない映画です。『アナと雪の女王』字幕版も日本語吹き替え版もキャストが素晴らしく歌がうまいという事が大成功の秘訣になっているのではないでしょうか。

 

字幕版の声優は、クリスティン・ベル、海外ドラマ通の方でしたら、ピンと来るかもしれません。そうです、『ベロニカ・マーズ』のあの女の子です。『ヒーローズ』にも登場しています。

 

『ムーラン・ルージュ』では、ユアン・マクレガーの美声に驚きましたが、今回はクリスティン・ベルのアナの美声に驚愕です。

結論として

美しい映像と大迫力のサウンドが楽しめるのは、やはり映画館、観客に恵まれれば、時折の笑い声で、観客皆さんの一体感もうまれます。

 

これぞ、映画館で堪能するべく誕生したCG映画です。字幕版では、まずはオリジナルの音声を楽しんで、次は日本語吹き替えで、じっくり映像を観察し、最後に3D作品で世界感に没頭してください。

 

それだけの価値がある作品です。今だけ、この瞬間だけ楽しめるまさに旬の作品、お勧めです。