Frozen (Deluxe)

アナと雪の女王のネタバレ感想日記です。

老若男女が時を忘れて楽しめるエンターテイメントの大傑作、アナと雪の女王を映画館で観た感想になります。

 

アンデルセンの童話、雪の女王のリメイクという事で、実はあまり期待していなかったのですが、連日のようにマスコミが騒ぎたてるので、休日の夜19:00上映している映画館で観てきました。

 

勿論、字幕!! ミュージカル映画という事と、変な日本語吹き替えで作品の魅力が半減するのが嫌だったからなのですが、映画館の出口では、次は吹き替え版かなと心の中で思っている自分がいたのです。
映画館で、字幕版を観て、日本語吹き替えが観たくなった映画は、これで2回目、同じくディズニーのCG映画映画『ボルト』です。

 

ボルトは、3D対応の上映をしている映画館が日本語吹き替えしかなくて、迫力あるアクションをどうしても映画館の大迫力3Dスクリーンで体感したかったからなのですが、アナと雪の女王は、勿論ミュージカルを堪能する為です。

 

アナと雪の女王ですが、映画館で驚いたのは、女性の1人客に加えて、結構な数の男性1人客が多かった事でしょうか。少なくとも10人以上はみかけました。若い男性の方から、それなりの年齢の方まで、幅広い世代に受け入れられているようです。

 

さて、映画の感想はというと、ディズニー映画らしいといえば確かにそうなのですが、ディズニー映画らしからぬストーリー展開が現代風で面白いうえ、見事にCGキャラクターも音楽と融合しています。

 

そういう理由で、記念すべき、CG映画ブログは、アナと雪の女王からスタートです。これからコンテンツを充実させていきたいですね。
何せ、年に100回は、映画を観てましたから・・・このまま頭の中に感動を残しておくだけではもったいない、アウトプットして、映画の素晴らしさを語っていきたいです。

 

それでは、今後もよろしくお願いします。