今年の夏は、PIXAR作品のCG映画も公開されませんし、犬が主役の映画で興味がそそられるような大作もありません。

今、話題の映画『トランス・フォーマー・ロストエイジ』には、機械で作られた番犬型のロボット犬が登場しますが、物語に関係ないですからね。ちょっと寂しいばかりです。

ところで、映画には旬の時期が3回ほどある事をご存知でしょうか。映画の旬の時期に合わせて記事を書けば、それなりのアクセスが見込めますよ。

映画の旬な時期について

映画公開時

ごくごく当たり前の事ですが、映画館やTVや新聞、ラジオやネットでも大々的に宣伝しますから、嫌でも目につき、聞こえて来ます。電車に乗れば、中ずり広告から、駅にある大きなポスターまで派手に宣伝しています。

これだけ、日本中で派手に宣伝していると話題になりますね。映画公開日初日は、誰よりも早く観たい方で映画館も満席に近いです。そんな時に当サイトでも映画感想を掲載すると驚くほどのアクセスがありました。

最近ですと、映画『マレフィセント』でしょうか。

DVD、ブルーレイ発売時

話題の映画が今度はセルリリース、DVDやブルーレイになって登場、家庭でも映画が観れるようになった時が、次のヒットチャンスです。

映画作品によっては、TVなどで宣伝もありますし、何より、レンタルビデオ屋さんなどで大きく告知されます。セルランキング上位などに載ると、それだけで映画の人気に火が付きます。

最近の作品では、『アナと雪の女王』がそうですね。ショッピングセンターなどに出掛けると、お店で曲がかかっていたりして、また映画を観たくなってしまいます。

民放TV放送時

そして最後は、TV放送です。映画館に足を運ぶのが億劫な方や、映画館で観るにはちょっとと考えている方、レンタルで借りるもの、まだ躊躇してしまう方、そんな方でも映画を観る機会に恵まれるのが、民放放送です。

民放放送なので、どぎつい作品や視聴率が取れなさそうな映画作品は、なかなか放送しませんが、やはり無料の効果は高く、金曜ロードショーなどでTV放送が決まると、twitterなどで話題になる事が多いです。

当サイトでも、『トイ・ストーリーの続編』民放放送ではなかったのですが、TVで、『トイ・ストーリー・オブ・テラー』が放送した翌日に記事を掲載したら、いつもの倍以上のアクセスを頂きました。

以上、映画の旬な時期についてでした。映画レビューサイトを更新していると、アクセスがあまりない日もあります。そんな時は、TV番組をチェックして、放送日にタイミングを合わせて記事を書くと、アクセスアップにもつながりますよ。