今週は、『怪盗グルーのミニオン危機一発 』の感想から、ウォルト・ディズニーの感動巨編、『ウォルト・ディズニーの約束』など、感想する作品が多かったです。また、通勤時間に『そして父になる』の小説も読み終えましたので、こちらの感想も綴っています。

怪盗グルーのミニオン危機一発

『怪盗グルーのミニオン危機一発 』、全てが一流の3DCGアニメーション作品、全世界でヒットした理由が映画を観ればわかります。

ウォルト・ディズニーの約束

映画鑑賞中はあまり気にしなかったというか、それほど良い音楽だと思わなかったのですが、しばらくたつとメリーポピンズの劇中歌を口ずさんでいる自分がいます。

軽快なポップミュージックが頭の中を駆け巡っているのです。ウォルト・ディズニー作品恐るべしです。

ベイマックス 映画紹介

2014年冬公開予定のディズニーの新作3DCGアニメーション作品です。仮想都市の描写が見事でおもわずCG映像に見惚れてしまいます。

そして父になる 読書感想

期待より、はるかに良かった、小説版『そして父になる』人生において大事な事とは、なくしかけた優しい心を取り戻してくれる、心が満たされるお話です。