高台家の人々

高台家の人々が日本映画チャンネルで放送していたので、思わず録画してみてしまいました。

2012年に映画館で上映されて作品なんですね。しかも原作は漫画です。なんの前知識もなく観たので、後から漫画が原作である事を知りました。

知っていたのは、人の心を読むことが出来る高台家の御曹司と婚約してしまったOLの奮闘記程度の知識でした。そんな前知識ほぼゼロで観たのが良かったのか、すごく笑えて最後にしっとりきて、ああこれぞ日本映画っていう情緒に浸る事ができました。

 

高台家の人々あらすじ

主人公の平野木絵(綾瀬はるか)は空想が大好きな普通のOLさんです。そんなある時、御曹司であると評判の高台光正が転勤してきます。

 

高台光正は実はテレパス、人の心の中を読めてしまうという特殊な人間。心の中を読めるという一見羨ましい能力ですが、知りたくないことも知ってしまうという現実、そんな事で人を簡単に愛せなくなっていた高台光正の心が動いたのが、平野木絵の空想力だったのです。

話はトントン拍子に進み、婚約することになるのですが、なんと結婚式当日まさかのハプニングが!!!

 

平野木絵と高台光正は幸せになれるのでしょうか?

 

高台家の人々ネタバレ感想

綾瀬はるかの演技が素晴らしい、美人なのに普通な女性を演じさせれば右に出る女優はいないのではないでしょうか。どこにでもいそうな女性で誰もが共感するような考え方、空想力の素晴らしさはみていて常に楽しめます。

綾瀬はるかが出演する映画が素晴らしいのか、綾瀬はるかの演技が素晴らしいのか、まあどちらでもありますが、はずれ映画を見た記憶がありません。いや1つだけありました。ギャラクシー街道です。あれはいったい何だったのか?期待をしていただけにショックが酷かったです。折角の綾瀬はるか起用もまったくもって良さが伝わってきませんでした。

 

さて、高台家の人々、人の優しさに包まれる映画です。泣ける映画って程ではありませんが、観ていてハッピーな気分になる映画ではないでしょうか。

 

おススメかおススメじゃないかというと、断然前者です。