ジョン・ウィック

キアヌ・リーブス主演の2014年公開のアクション映画ですが、髪型こそ似ていますが、チェーン・リアクションのような派手さはないです。肉体派キアヌもすっかりオジサン、渋い演技を期待しましたが、何とも言えない映画です。今回ジョン・ウィックの続編が公開するという事で、ちょっと懐かしくなって感想を投稿します。

ジョン・ウィックあらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックは、裏世界から足を洗い、妻と平和な生活を送っていたのですが、なんと妻が病で亡くなってしまいます。残されたジョン・ウィックの元には妻からの手紙と1匹のかわいい犬が贈られてきたのでした。

1人落ち込んでいたジョン・ウィックが犬との生活でようやく元気を取り戻しつつある中、なんとチンピラ(マフィア)に車を奪われ、犬を殺されてしまうのです。

復讐を決意した伝説の殺し屋ジョン・ウィックが復活、次々と襲い来る刺客を倒して、遂にボスとの対決!!

といった感じで、単純明快なストーリーです。

ジョン・ウィック(字幕版)

ジョン・ウィック感想

泣ける映画でも感動する映画でもありません!ただ、記憶に鮮明に残る映画です。まずアクションがかっこいいです。現在の言葉で表現するならば、ジョン・ウィック無双です。キアヌ・リーブスといえば、マトリックスの斬新なアクションが有名ですが、負けず劣らず銃を使って次々と容赦なく人を殺していく描写はある種現実離れした痛快感さえあります。

カッコいい銃アクション映画という事でリベリオンを思いだしてしまいました。また悲惨さは、マッドマックスでしょうか。色々な映画のシーンを彷彿させる映画でもあります。

ただただ、設定には色々と文句が付けたくなります。裏稼業から足を洗ったのなら、そのエリアから通常引っ越すでしょう。皆が顔なじみという設定が何とも漫画のようでふざけています。

また、殺し屋に復活する前のジョン・ウィック弱すぎです。そこで殺されていたら復讐も何もあったものではありません。たまたま殺されなかったのが運が良すぎます。

また、ウィレム・デフォーが渋すぎます。あのスパイダーマンの悪役でも活躍したデフォー様がまさかの出演です。良い味だしていますが、こちらも最後に捕まってしまうところが何とも情けないです。

世界感としては、常に暗いシーンが多く、ここはゴッサムシティかと突っ込みたくなります。

なにわともあれ、面白いか、面白くないかと言われれば、面白い映画です。また観たいかと聞かれれば、お腹いっぱいという返事になるでしょう。

 

ジョン・ウィック続編について

ジョン・ウィックまさかの続編です。しかも日本でもきちんと劇場で公開するようです。ファンはやはりいるんですね。さすがに映画館で観る予定はありませんが、管理人が契約しているひかりTVで放送してくれれば間違いなくみます。

完全に殺し屋稼業に戻ったジョン・ウィックのキレキレのアクションは期待してもいます。そうそう、ジョン・ウィックの続編『ジョン・ウィック:チャプター2』には、ピーター・ストーメアが参戦です。

プリズン・ブレイクでも活躍し、アルマゲドンでは面白おかしなロシア人を演じたあのピーター・ストーメアです。最近お見かけしていないとおもっていたら、ジョン・ウィックに登場です。

これだけでも十分映画を観る価値があるのですが、7月、8月はもっと観たい映画がたくさんあるので、ちょっと時間があったらですね。