ジオストーム

 

ジオストームを映画館で観てきました!!

 

スターウォーズを見ても、美女と野獣を見ても当サイトを更新する気にならなかったのですが、久々のヒットです。

 

いやあもう完全になめていました。

 

単なる地球破壊のディザスター映画だと思っていましたが、奥が深い!!深すぎる!そして何よりエンターテイメント!!映画としての完成度が半端になく高い!!

 

映画冒頭最初の5分で、もう映画の世界にのめりこんでしまい、眠気も吹っ飛び、飲食(ポップコーン)も忘れてしまったのです。

 

もう一度映画館で観たくなるような気分にはなりますが、ネタバレすると面白さ半減なので、もうこれで十分です。

 

ムービーチャンネル等で放送したらまた観たくなるかもです。

 

 

まずは豪華俳優たちのご紹介!!

 

【ジオストーム】キャストが凄い、全員活躍!これは嬉しい!

まずは主役のジェラルド・バトラー、CG映画では『ヒックとドラゴン』のストイックの声を担当しています。

 

最近でスト、エンドオブホワイトハウス、その続編のエンドオブキングダムの主役です。

 

300(スリーハンドレッド)でも活躍した筋肉ムキムキの中年スターです。

 

だからかな、トム・クルーズのような人気度は高くありません・・・私は好きなんですけどね。

 

 

次に、エド・ハリス、おいおい順番が違うだろと言われそうですが、『ザ・ロック』世代の管理人としては、もうエド・ハリスが登場しただけで興奮します。だいぶ老けましたが、目の眼光は衰えていない感じです。

 

 

その次はやっぱり、アンディ・ガルシアですよね。この渋い男優3人が登場するなんて、かなり豪華な映画です。でも、ジオストームを観るまでは、全く知りませんでした!!これは映画の配給会社の宣伝ががいけないのでは・・・それとも私が知らなかっただけ? エド・ハリスとアンディ・ガルシアが出演しているなら観ますよね絶対!!

 

いちよう準主役のジム・スタージェスもご紹介!どこかでみた顔だと思っていたら『アップサイドダウン 重力の恋人』の主役のアダムです。随分素敵に成長したんですね。

 

最後は、ジオストームでファンになりましたアビー・コーニッシュです。『リミットレス』『ロボコップ』などにも出演していましたが、全く記憶に残っていませんが、今回はばっちりです。その理由はネタバレになるから、書きたくても書きませんが、カッコいいんです!!

 

【ジオストーム】あらすじとネタバレ?

ジオストームは映画のジャンルで分けるのが難しい作品です。インディペンデンスデイのような地球滅亡映画でもあり、サスペンス要素たっぷりあるし、アクションもかなり素敵です。さらに豪華なCG映像盛りだくさんのSF映画でもあるのです。

 

宇宙ステーションが開発され、宇宙が身近になった近未来のお話です。『曇り時々ミートボール』のような面白いけど、ちょっとくだらない映画ではありません。遂に人類は、宇宙ステーションからのビームで天候を自由にコントロールすることが出来るようになったのです。

 

ところが、宇宙ステーションが完成し、厄介者のジェイク(ジェラルド・バトラー)がクビになって2年後、宇宙ステーションが原因の異常気象が全国各地で発生してしまうのです。遂には、巨大災害が同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”危機です。ジオストームが発生すれば、人類は壊滅的な被害を受けてしまいます。

 

果てして、宇宙ステーションの開発者ジェイク(ジェラルド・バトラー)と彼の弟マックス(ジム・スタージェス)は、隠されて陰謀を暴き、無事ジオストームをとめる事ができるのでしょうか?

 

そんな感じのあらすじです。本来ならその後のネタバレもいっぱい書きたいのですが、ジオストームの面白さが半減してしまうので、そこは秘密にしておきます。

 

それにしても、誰もが怪しい感じになるので、最後まで真犯人が誰だろうとドキドキすることが出来ます。また、アルマゲドン、インディペンデンスデイ、デイ・アフター・トゥモロー等のディザスター映画に慣れている方でも、十分楽しめるはずです。

 

管理人なんか、映画ツイスターの進化版ぐらいでしょ!という感じで映画館に行ってます。予想を裏切る面白さに大満足です。

 

でも、なんでこんなにも完成度が高いんだと思っていたら、最後に流れた監督のクレジットにディーン・デヴリンの名前が・・・・これもかなりの驚きです。確か、ハリウッド版ゴジラやインディペンデンスデイの制作に携わった方です。今回が初監督作品らしいのですが、いやあ素晴らしい!!、次回作もかなり期待してしまいます。